オリモノとは何なの?臭いはどんなのが普通なの?

なかなか口に出しては女性同士でも友だちにも聞けない「オリモノ」の悩み。


そもそもオリモノとはどのようなものなのでしょうか。


オリモノとは「下り物」と書きます。女性器である膣や子宮頚部などから常に分泌されている粘度の高い液状の分泌物であり「こしけ」や「帯下(たいげ)」とも呼ばれています。


膣の中が傷つかないようにまた細菌やウイルスに感染しないように、分泌されているものだと考えられています。


健康な状態であれば月経前や排卵期などに多少量が多くなります。臭いに関しては膣内に常に存在している乳酸菌の作用により甘酸っぱいような臭いがすることがあります。


それに対して体調が悪かったり過度のストレスを感じていたり細菌やウイルスに感染している状態ですと普段のオリモノとは違います。


色が変わったり臭いが変わったり量が多くなったりすることがあります。


チーズや酒粕(さけかす)様のオリモノの場合は「カンジダ膣炎」。灰白色(はいはくしょく)で泡沫(ほうまつ)状(泡立っているような状態)であれば「トリコモナス膣炎」と見た目でも病気であるということが分かるものも多いです。


どちらも細菌感染できつくて強い臭いを発することがありますのでオリモノの変化に気付いた時は、一人で思い悩んだり放置したりしないで速やかに医師に相談するのが非常に大切です。


オリモノとは色や臭いも含めて自分の体調をかえりみるバロメーターなのです。






コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。