オリモノのにおいが臭いけど大丈夫?

オリモノのにおいが気になるけれど、周りの友だちには、ちょっと恥ずかしくて相談できないなんてこと、ありませんか?


しかも、それがちょっと臭いかもしれないなんて、いくら気になっていても、親しい友だちだからこそ、打ち明けられませんよね。


そんな、内緒にしておきたいひそかな悩みの種、オリモノには、においがある場合があります。健康な状態ですと、膣内に常に存在している、善玉の乳酸菌の作用で、甘酸っぱいようなにおいがすることが、あります。


なので、多少の酸っぱいようなにおいは、いわゆる「正常」の範囲内です。しかし、オリモノのにおいが、気になるほど刺激が強く、臭い場合は、何らかの病的な変化があるのだと、思っていた方が良いでしょう。


細菌などに感染して、オリモノ自体の色が、黄色やクリーム色などに変わったり、状態に変化があったりしますと、においが「酸っぱいにおいがとても強い」状態から、「魚の腐ったような臭いにおい」になります。


これは、細菌性の膣炎になっている可能性が高いです。独特の臭いにおいから「魚臭帯下」とも呼ばれてもいます。


細菌性の膣炎は、自然治癒する場合もありますが、その人の体調や疲労、ストレスの度合いによっては、自然治癒を望めない場合もあります。


ですので、普段からオリモノの状態や、においには十分気を付けているようにして、においがきつくなってきた場合は、すみやかに、婦人科の医師に相談するようにしましょう。


でも病院に行くのはちょっと抵抗があるし・・・。


そんな時は自宅でできる性病キットを使って検査してみると良いですよ。病院で検査するのと同じですからね。







コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。