デリケートゾーンのトラブル、原因と予防法は?

風邪などの簡単な病気でも、病院にかかると抗生物質を処方されることは少なくないと思います。


抗生物質を服用すると逆に免疫力が下がりカンジダ膣炎を発症しやすくなることもあるため注意が必要です。


カンジダ膣炎の感染経路と言えば、性交というイメージを持っている人が多く、そのため「カンジダ膣炎=恥ずかしい病気」と思ってしまいがちです。


もちろん性交でも感染しますが、実は便や尿なども感染経路になっており、感染経路はいろいろ考えられる病気なのです。


こうした知識を持っていない女性も多いと思いますが、女性のデリケートゾーンの病気ですから正しい知識を持っておくことはとても大切です。


そのほか女性のデリケートゾーンの病気としてクラミジア感染症もあります。


クラミジア感染症になると、おりものが増えたりかゆみや臭いなどの症状が現れます。


クラミジアとカンジダを混同している人も多いと思いますが、クラミジアは性交などで相手から菌をもらってしまうことで発症する性病です。


もともと体内に常在しているカンジダ菌によって起こるカンジダ膣炎とは全く異なる病気であるということを頭に入れておきましょう。


カンジダ膣炎は、感染した人が使用したタオルを使いまわすことでも感染することがあります。そのため陰部などをふくタオルは、たとえ家族であっても使いまわさないようにすることが大切です。


また外陰部は常に清潔に保つことも大切な予防法です。


下着を毎日取り換えるのはもちろんのこと、シャワーを浴びて体を清潔にしておきましょう。もしも下着が汚れてしまった場合は、その都度下着を取り換えることをお勧めします。


当たり前の事ですが、体を清潔に保つことがカンジダ膣炎の予防につながるのです。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。