デリケートゾーンのトラブルってどうしたら防げる?

女性のデリケートゾーンというのは、手足など他の肌とは違い角質層が薄く大変デリケートです。


そのためナプキンなどが長い時間触れていると、刺激による皮膚炎が起こりかぶれやかゆみが出てくることがあります。


そもそもデリケートゾーンは湿ったままにしておくと、臭いの原因となるほか雑菌が繁殖することで他の疾患を引き起こす原因にもなります。


その結果かゆみや痛みといったトラブルが起こるのです。


月経中にナプキンを使用していると、どうしても下着の中は湿った状態になりかゆみやかぶれが起きやすくなります。


特に肌の弱い人はこうした生理中のナプキンによるトラブルが多くなります。


最近では肌の弱い人向けの低刺激ナプキンも販売されているほか洗って使える布ナプキンも販売されていますので、こうしたものを試してみるのもよいでしょう。


さらに、何かに触れるとすぐにデリケートゾーンがかぶれてしまうという場合、ナプキンではなくタンポンを使うのも一つの方法でしょう。


それからデリケートゾーンのかぶれやかゆみが気になるという人は、生理中であるなしに関わらずとにかくデリケートゾーンを清潔に保つということがとても大切です。


シャワーをこまめに浴びたりトイレのウォッシュ機能を活用するなどして、少しでも汚れや雑菌を取り除くようにしましょう。


特に女性のデリケートゾーンは皮膚が入り組んでおり汚れが溜まりやすい部分ですから、清潔にしておかなければそのぶん臭いも発生しやすくなるのです。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。