デリケートゾーンのトラブル!対策方法は?

デリケートゾーンは常に清潔にしておかなければ当然臭いも気になってきます。


かゆみや臭いといった症状が現れた場合は、なるべく早く病院で診てもらうことをお勧めします。


中には自分で軟膏などを塗って治すという人もいると思います。


かゆみや臭いを引き起こしている原因や、どの薬が効果的なのかということは病院にかからなければ分かりません。


自己判断で間違った薬を使って、症状が悪化してしまうことも考えられます。


デリケートゾーンのトラブルで病院を受診するのは誰でも恥ずかしいことだと思いますが、悪化してさらに別の病気を引き起こしてしまうと取り返しがつかなくなります。


また家族やパートナーに病気を移してしまう可能性もあります。


さらにカンジダに限らず雑菌や細菌は、湿気や汗がある状態でより繁殖しやすくなりますので下着の中が蒸れてしまうと菌が繁殖しかゆみや臭いといった症状が強くなります。


そのためタイツやストッキングなどは家に帰ったら脱ぎ、長時間履いたままにしないことが大切です。


ストッキングを着用する際には、脚だけのストッキングするなどできるだけ風通しを良くし下着の中が蒸れないような工夫をすることも大切です。


膣炎を発症すると、おりものが増え膣外に垂れてくることから、同時にカンジダ外陰炎を発症することも少なくありません。


外陰炎になると外陰部が赤く腫れあがって我慢できないほどの激しいかゆみが出るため、掻きむしってしまうことが多いと思います。


これは逆に皮膚を傷つけ症状を悪化させることにもなります。そのためこのような症状が現れた場合は、なるべく早く産婦人科にかかり診察を受けることが大切です。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。