デリケートゾーンの洗い方とは?

デリケートゾーンは、他の体の部位同様にボディーシャンプーや石鹸などで皮脂をしっかりと洗い流してあげることが大切です。


とはいえ、中まで洗ってしまうとボディーシャンプーが刺激となってしみてしまうこともありますのであまり中のほうまで洗う必要はありません。


またスポンジやタオルで力任せにゴシゴシ洗うというのもやめたほうがよいでしょう。


デリケートゾーンの皮膚は薄く敏感なので、傷をつけてしまうこともあります。


傷がつけばそこに雑菌が繁殖し、逆にかゆみや臭い、場合によっては痛みなどの症状が出て炎症を起こしてしまうことにも繋がります。


では一体デリケートゾーンはどのような洗い方をすればよいのでしょうか。


まず洗剤についてですが、体を洗うのに使用するボディーソープは合成界面活性剤を使用している製品が多くデリケートゾーンの皮膚にとっては刺激が強すぎます。


普段から自然派志向で安心して使えるボディーソープを使用している人はそれで問題ありませんが、普通に市販されているボディーソープを使用している場合はデリケートゾーンへの使用は避けたほうが無難です。


デリケートゾーン専用の石鹸を使って洗うのが一番良いです。


まず泡立て、その泡をデリケートゾーンにつけて手でやさしく洗います。くれぐれもタオルやスポンジでゴシゴシと洗ってはいけません。


臭いが気になるからとゴシゴシ洗う人もいるかもしれませんが、これはむしろかゆみや臭いといったデリケートゾーンのトラブルを引き起こすことになり逆効果となります。


毎日の正しいケアを心がけることでかゆみや臭いは防ぐことができますので、毎日のケアを習慣づけるよう心がけることが大切です。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。