デリケートゾーンの洗い方は?やっちゃいけない方法とは?

毎日お風呂に入っているという人はどのくらいいるでしょうか?


特に女性の場合はお風呂が好きで一日の締めくくりには必ず湯船に浸かりたいという人は多いのではないでしょうか。


男性ならばシャワーで済ませてしまうという人も意外と多いと思いますがとちらにしても体を清潔に保つためには毎日入浴することはとても大切なことです。


ではお風呂に浸かりさえすれば体を清潔に保つことができるのかと言えばそういうわけではありません。臭いやかゆみを防ぐためには体を洗うということもとても重要です。


そのためにボディーシャンプーや石鹸をスポンジにつけて体中をごしごしと洗っている人が大半だと思います。


デリケートゾーンはどうやって洗うの?


体はゴシゴシと洗うけれどデリケートゾーンは軽く洗う程度にしているという人は意外とたくさんいます。言い換えればデリケートゾーンをしっかり洗うという習慣がないということです。


しかし特に女性のデリケートゾーンは清潔にしておかなければ臭いやかゆみを伴う様々なトラブルや感染症を引き起こしてしまいます。


こうしたトラブルを防ぐためには女性のデリケートゾーンも他の皮膚と同様に毎日丁寧にケアすることが大切です。


デリケートゾーンも体のほかの部位同様に毎日皮脂が分泌されています。脂分というのは水やお湯だけでは簡単に落とせるものではありません。


これは顔の皮脂を洗顔クリームで落としている人が大半であることを考えても良くわかると思います。


かゆみや臭いといったデリケートゾーンのトラブルがなかなか改善されないという人の中にはデリケートゾーンのお手入れの仕方自体が間違っていることも少なくありません。


普段のお手入れは表面を石鹸でやさしく洗い十分すすぐたったこれだけでOKです。


中にはお湯で流すだけという人もいるかもしれませんが痛みやかゆみといった炎症が起きている場合はこれでも十分です。


しかし特別トラブルがないのであればやはり皮脂をしっかりと洗い流すために石鹸を使うことをお勧めします。


といっても膣の中まで洗う必要はありません。


膣の中には良い菌も住んでおり私たちの身体を雑菌から守ってくれています。そのため洗いすぎてしまうとこうした良い菌まで流れて行ってしまうことになります。


また膣の中には白血球やリンパ球も常在しておりこれらは雑菌や悪い菌から体を守る重要な役割を果たしています。


そのため雑菌が繁殖して臭いが発生しないよう外側はしっかりと洗い中は洗いすぎないようにすることが大切です。


普通に石鹸で洗っていれば特別トラブルが起こることはないのですが中には「臭いが出ているかも・・・」と気にしている人もいるようです。


気にしている人の中には「パートナーとのセックスの際に臭いについて言われた」という人もいるかもしれません。


さらには「おりものが多くかゆみが出ることがある」「生理中や生理前後にデリケートゾーンの臭いが気になる」という悩みを持っている人もいるようです。


悩みは人によって多少違いはありますがどうしても気になるという場合はデリケートゾーン専用の石鹸も販売されていますのでそうした商品を使うと良いでしょう。

⇒ デリケートゾーンでお悩みならばこれ【フロプリー】




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。