肌の新陳代謝とニキビの関係は?

ニキビ対策には、正しい肌ケアが必要です。


しかし、ニキビはただ肌ケアをしていればいいという、単純なものではありません。


ニキビができる原因は他にもあるのです。


その1つに、新陳代謝があります。


「肌サイクル」とか「ターンオーバー」とも言われるこの機能は、肌が生まれ変わることを言います。新しい肌細胞が作られると、古い肌細胞は剥がれ落ちて、新しい肌と入れ替わります。


「アカ」と言われるのは、この古い肌細胞のことなのです。これは、歯が乳歯から永久歯に生え変わるのと同じような仕組みです。


肌の奥で作られた新しい細胞が古い細胞を押し出すような形で生まれ変わるのです。歯の生え変わりは一生に1度ですが、肌の生まれ変わりは、通常28日のサイクルで行われます。


では、この新陳代謝がどのようにニキビと関わっているのかをご説明しましょう。


新陳代謝のサイクルが乱れると、皮脂の分泌も乱れます。皮脂の分泌が異常に増えると、毛穴につまりやすくなり、ニキビができやすくなってしまうというわけなのです。


また、皮脂はアクネ菌のエサとなりますから、たくさんの皮脂を食べて元気になったアクネ菌が炎症を起こし、ニキビを悪化させる原因にもなります。


このように、新陳代謝はニキビの原因となるわけですが、実はニキビ跡とも関係があります。


ニキビ跡の赤みや軽度のデコボコは、古い肌と共に剥がれ落ちるので、新陳代謝が正常に行われていれば、ニキビができても跡にはなりません。


しかし、新陳代謝が乱れると、赤みがいつまでも肌に残り、色素沈着を起こしてシミとなってしまいます。また、深いニキビ跡は新陳代謝では補えませんので、潰したりして、跡になるようなことは始めから避けましょう。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。