赤いニキビ

見た目により特徴が異なるニキビですがここでは赤いニキビについてご説明します。


赤いニキビも皮脂がつまった状態ではあるのですが白いニキビと違うのは皮脂だけでなくアカや菌も一緒につまっているということです。


この菌はアクネ菌という菌でお肌の皮脂やアカが食料になります。


このアクネ菌がたくさん食事をするとどんどん元気になって炎症もひどくなります。


赤いニキビが赤い理由は炎症を起こしているからなのです。炎症を起こしているということは肌への負担も多く跡になる確率も高くなります。


また潰したりしてこの菌が周りに広がれば炎症も広がります。わざと潰さなくても寝ている間にうっかり傷つけてニキビが潰れてしまう場合もあるので爪は伸ばしておかない方がいいでしょう。


赤いニキビへの対策はお肌を清潔に保ってアクネ菌のエサとなる皮脂やアカをなくすことが大切です。


周りへの被害や跡になる確率を考えると赤ニキビはとにかく作らないことが重要です。


しかしもしできてしまったときは被害の拡大を食い止めることが先決です。洗顔料を使って肌を清潔にしましょう。ニキビ用の洗顔料もありますので使ってみるのもいいでしょう。


洗顔のときはニキビを傷つけないように丁寧に洗うことも忘れないでください。それでもよくならない場合には外用薬に頼りましょう。


たかがニキビと甘く見ると後々ひどいことになっていまします。


また女性の場合はメイク品が悪影響を及ぼす場合もあります。油分の多いものよりもオーガニック化粧品を使うことをおすすめします。





MELLINE



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。