多汗症と健康保険について

人よりたくさんの汗をかいてしまう多汗症が病気と認知されるようになってからは健康保険の適用となり治療の数が増加傾向にあります。


もちろん病気と認知されるまでには手術費用は実費でした。


保険が適用になってからも手術費用は3万円と決して安くないのですが本当に悩んでいる人には改善方法としては安い金額に入るのかもしれません。


もちろん手術費用が高いと思う人には薬や注射などの改善方法を選択する事も可能です。


多汗症の診断基準は明確ではなく本人が「多汗症です」と申告すれば病気となるケースもあります。もちろん本当に多汗症で悩んでいる人もすくなくはありません。


保険が適用になったのも時代の流れで臭いに敏感な人が増えてきたからでしょう。


シャツの脇の下が黄ばんだり多少は汗の臭いがしていても仕事に影響するわけではありませんが今の人が臭いに敏感なのではテレビのコマーシャルの影響が大きいと言えるでしょう。


日本人が臭いに敏感な理由は解ってはいないのですが一般的に東洋人より西洋人の方が体臭がきついと言われておりこれがきっかけで香水が製作されるようになりました。


悩みの無い人が他の人の悩みを理解するのが難しいように多汗症になっていない人が多汗症の人の悩みを理解する事はできないのです。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。