多汗症と神経の関係は?

汗をかくこと自体は病気ではなく人は誰でも緊張する事がありその時に手やワキの下に汗をかきます。


対人関係などで大きな不安を感じると多汗症の症状が出やすくなり汗の量が多くなってきます。


又自分が多汗症だと思っている人の中には人と接する事を考えるだけで緊張して汗をかきやすくなります。


人間が汗をかく為には副交感神経が働いていると言われていてこの神経を切除する事によって多汗症の治療を試す事もありますが、


改善方法としては疑問も多く又多汗症は緊張しすぎる事が原因とも言われているので外科手術で治療する事は出来ないのです。


まずは練習する事が大事で始めは人前で話す事が苦手だった人も何度も経験を重ねるうちに慣れてきていつの間にかその環境に適用しています。


これは学習と呼ばれていて例えると勉強と同じで簡単な事から始めていつの間にか応用問題が出来る様になっている事と同じです。


改善方法は気持ちのリラックスと緊張をほぐす事ですが言葉で発言する事は簡単で本人にとっては非常に難しい状態にあり頭で理解していて実際に行動が伴わず大きなギャップがあるのです。


一般的に多汗症と診断された人の改善方法は精神的な疾患なので精神療法的な手段になります。


人と接する場合に症状が出る以外に就寝中にも大量の汗をかくようならば全く別の病気の可能性が高いとも言えます。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。