多汗症の相談で多いのはどの部分?

多汗症は体のいろいろな部分から汗を大量にかく人が多いのですが一般的に相談が多いのが脇の下の汗に関する事です。


ここ数年の間に多汗症でも保険を使って治療する事が可能になり悩んでいるのであれば高額な医療費を払わずに治療をする事も出来るようになってきました。


多汗症の人は自己申告になりますが患者さん事態が「日常生活に支障をきたしている」と医師に相談に来ても汗の量は人によって違うので多汗症を判断する事は難しく診断基準も定かではありません。


又生まれながら症状がある人に関しては原発性腋窩多汗症と言われ若いときとから日常生活に支障をきたしています。


ワキ下の多汗症の改善方法には塗り薬が一番手軽ですが成分が塩化アルミニウムなので人によってはアレルギーとなり返って症状が悪化する事もあるので注意が必要です。


脇の下に薬を塗るだけの作業ですが即効性はなく塗り続ける事によって徐々に改善していきます。


もう一つの方法としては年に1~2回ポツリヌス菌からタンパク質を含んだ注射を打つ治療方法でこの場合は1回打つと数ヶ月間効果が期待できます。


飲み薬や手術もありますが手術では多くの人に副作用の症状がでており今の現状では悪までも改善方法ですので多汗症の原因が取り除かれるわけではないのです。


汗をかきやすくても多汗症と思う人思わない人認識するかどうかは人それぞれになります。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。