多汗症の研究は進んでいるの?

多汗症は単に緊張しすぎて汗をたくさんかくだけの症状で病気とは認知されていなかったので研究は始まったばかりなのですが日本でも徐々に研究が進んでいく事によって国内だけでも約80万人の重症患者がいる事がわかってきたのです。


多汗症を自覚している人は調査で7人に1人と言う結果もありますが単に汗が多いだけと勘違いされる事も多く病気と認識されない現実もあります。


多汗症の人は握手をする事が出来ないや手に汗をかき紙が濡れて破れてしまうなど生活に支障をきたしている人が大半なのですがどこの病院で何科を受診すれば相談に乗ってもらえたりどうすれば改善方法がみつかるのかという情報が不足しているのです。


多汗症の治療の一つに手術によって交感神経を切除する方法もあるのですが副作用もあるので手術すべきではないと言う声もありインターネット上では情報が交錯しています。


多汗症の症状が上がり症と同じであれば人前に出ると極度に緊張してしまう人が多いので日常生活を送る事が出来ない人もいてこういう場合には精神的なアドバイスが必要になってくるでしょう。


多汗症の改善方法についてはいろいろ記述もありますが本人が何げ原因で悩んでいるか解らない以上どの改善方法を選択するかも決定しないので悩みの解決にはならないのです。


人と握手する事が出来なかったり自分の体臭が気になる人は仕事の職種を選ぶ事によって改善する事も出来ますが本人が気にしないのが一番良い事だと言えます。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。