多汗症の薬はあるのでしょうか?

多汗症の改善方法として対人関係が原因の人には薬を処方する事もありますが、汗を抑える薬ではありません。


緊張を緩和する事が改善方法とされていて不安を取り除く精神安定剤が処方されますがが、体内に別の病気がある場合は原因を解明し治療をする事が大事になります。


対人関係の緊張度、多汗症の汗の量、薬の効能どれにおいても個人差があります。効果を期待すれば薬の量もまた違ってくるのです。


汗をかく時に生成されるアセチルコリンの分泌を抑える薬として抗コリン剤があります。


薬の服用で強制的に汗を抑えているので体温調節のための正常な機能も抑えてしまう可能性があるのです。


多汗症は自覚症状もありますが自分で判断する事は難しく自分の症状を正確に医師に伝えて診断を受ける事が大事です。


又、薬の処方によっては副作用も大きいので医師の慎重な対処も必要です。


女性の身だしなみとして販売されている制汗剤を局所的に使用しているだけでも汗の臭いを抑える働きがあります。


汗の臭いを余り気にしないようにして、出来れば多汗症で悩むより先に制汗剤で対処していきましょう。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。