多汗症は病気なのでしょうか?

体が暑いと感じるのは神経の働きでありこの事によって体温調節機能が働き汗をかくのですが多汗症の人はこの神経が正常に機能しなくなっていて必要以上に暑さを感じてしまいたくさんの汗をかいてしまいます。


甲状腺機能亢進症を患っている人の場合はホルモンの分泌異常があり発汗だけではなく動悸などの症状もある事がわかっています。


女性の場合は更年期に入ってくると女性ホルモンが減少し始める為に多汗症になるケースも挙げられています。


多汗症とは一般的に対人関係で悩む10代や20代に症状が現れはじめ急に汗をかきやすくなった人は別の病気が隠れている可能性もあり一般的な多汗症とは区別する必要がありますし糖尿病も汗をかきやすいため多汗症と勘違いしていうる人もいます。


多汗症の場合は就寝中だけに汗の量が酷くなるのわけではありません。


就寝中に汗がひどくなるようであれば血液の病気も疑われるので注意しなければなりません。


体温調節の為に汗をかく機能は必要ですが起きている時の汗と就寝中の汗の成分は別の物なのです。

まず多汗症かどうかを見極める為に医師に相談する事が大事です。


多汗症の判断をする事は難しいのですが上記に書いた様に別の原因で汗の量が多くなっている人には改善方法ではなく真の病気を治療する必要があります。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。