多汗症を予防するにはどうすれば良いでしょうか?

人間の体は汗腺が刺激されて汗をかいているのですが、多汗症と呼ばれている人の多くは必要以上の汗が体から出てしまいます。


又、掌や足の裏に汗をかくのは局所性多汗症とも言われ汗をかきやすい体質の人の事になります。


自分自身が汗をたくさんかいている瞬間を思い出してみましょう。


多汗症の人の多くは体質もありますが精神的な負担が大きい場合もあります。


人と接する事によって人は緊張した状態になります。この状態が長く続くと精神的な負担も大きくなってしまい多汗症の症状が表れてくる人もいます。


実は過度の水分の摂取も原因の一つと言われています。


人間は汗をかいて体の体温調節をおこなっており、完全に汗をかかない事には無理があるのです。


例えば緊張の時間が長い時には気持ちが少しでもリラックス出来る状態を作ってみたり、ストレスを忘れるくらいに自分の趣味に没頭してみるのも良い方法です。


自分にとって充実した時間を作り大切に過ごしましょう。緊張する時間を減らす事で汗の量も軽減されるかもしれないです


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。