緊張と多汗症に関係はあるのでしょうか?

人間は人前に出て緊張状態が長いと冷や汗をかきます。


この場合は場数を踏んだり訓練を重ねたりその人と仲良くなってくる間に改善されていきます。


しかし緊張によって異常な量の汗をかいたり汗の量が増大する人は緊張性多汗症と呼ばれています。


この場合上記のような訓練を重ねても慣れていく事はなく改善方法も定かではありません。


インターネットでは多汗症の改善方法が多数掲載されていますがこの中の記事には女性のみだしなみとしての汗の抑え方を書いている物も多くどうしても混同してしまいます。


緊張性多汗症は精神的な要因が多く精神科の受診がお勧めですが病気としての明確的な決め手も定まって
いないので改善方法もカウンセリングや緊張を抑える治療になります。


現在は治療してもらえる場所は無いに等しい状態で本当に汗の量を減らしたいと思っている人には外科的治療で汗腺を削減するしかない状況です。


自分自身で多汗症と思い込んでいる人も多く確実に何人の人がこの症状で悩んでいるのか数の把握も難しい状態にあります。


対人関係が苦手だったり緊張で汗が出るのを改善出来なかったりすると多汗症と思う人も少なくありません。


まずは自分自身がそうなのか病院で診てもらうのが大切です。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。