汗に関すること

多汗症は病気なのでしょうか?
体が暑いと感じるのは神経の働きでありこの事によって体温調節機能が働き汗をかくのですが多汗症の人はこの神経が正常に機能しなくなっていて必要以上に暑さを感じてしまいたくさんの汗をかいてしまいます。 甲状腺機能亢進症を患っている人の場合はホルモンの分泌異常
多汗症と神経の関係は?
汗をかくこと自体は病気ではなく人は誰でも緊張する事がありその時に手やワキの下に汗をかきます。 対人関係などで大きな不安を感じると多汗症の症状が出やすくなり汗の量が多くなってきます。 又自分が多汗症だと思っている人の中には人と接する事を考える
多汗症の人の悩みとは?
インターネットで多汗症を検索してみると意外な事にたくさんの人が悩んでいますが多汗症の自覚症状が無い人にとってはなぜ悩んでいるのか理解しがたい事になります。 交感神経の正常な働きによって汗は出るのですが対人関係で緊張感が高まってしまうと多汗症の人は交感
多汗症と健康保険について
人よりたくさんの汗をかいてしまう多汗症が病気と認知されるようになってからは健康保険の適用となり治療の数が増加傾向にあります。 もちろん病気と認知されるまでには手術費用は実費でした。 保険が適用になってからも手術費用は3万円と決して安くないの
多汗症の薬はあるのでしょうか?
多汗症の改善方法として対人関係が原因の人には薬を処方する事もありますが、汗を抑える薬ではありません。 緊張を緩和する事が改善方法とされていて不安を取り除く精神安定剤が処方されますがが、体内に別の病気がある場合は原因を解明し治療をする事が大事になります
多汗症の研究は進んでいるの?
多汗症は単に緊張しすぎて汗をたくさんかくだけの症状で病気とは認知されていなかったので研究は始まったばかりなのですが日本でも徐々に研究が進んでいく事によって国内だけでも約80万人の重症患者がいる事がわかってきたのです。 多汗症を自覚している人は調査で7
多汗症にはどのような分類があるのでしょうか?
人間が体の中で汗をかきやすいといわれている部分が掌、足の裏、脇の下、股間になります。 人よりたくさんの汗をかいてしまう多汗症にもいろいろな分類があり改善方法も症状に合わせたものになります。 大きく分類すると全身性多汗症と局所性多汗症になり、
<< 前ページ | 1 | 2 |