小学5年生の女の子が行方不明

先日、小学5年生の女の子が行方不明と言うニュースが流れ一日も早く見つかるようにと祈っていた。

幸い無事に保護され、お母さんと妹さんの元に戻ったのだが、その時に出てきたのが母親が不審な車に付け回されるので娘さんに持たせたというGPS機能付きの携帯電話。

確かに、最近のキッズ用携帯電話は防犯性を高くしてあるように思う。電源を切ると、たちまち両親の所に何らかの連絡がいき、たとえそれが事件でなくても大騒ぎになるらしい。

しかし、その携帯電話も犯人らしき者に取り上げられたら機能しなくなるところが残念に思う。何とかならないものだろうか。

高齢化が進む中、GPS機能は認知症の方が行方不明にならない様にも使われている。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。