アロマで生理痛の痛みが和らぐって本当?

毎月の憂鬱な期間、特に疲労がたまっている時の生理痛は、いつも以上に重く感じる事ありませんか?


子宮の収縮や血流の悪さなど、からだの中のホルモンの変化もさまざまな苦痛を生み出している原因です。


からだの変化だけでなく、脳イコール精神状態が、人の痛みには大きく作用すると言われています。


アロマテラピーは、最近では、生活に取り入れている人も多くいます。


アロマポットなどで、火や電気を使い温めることにより、香りを出したり、器具がなくても、コットンやティシュなどに1、2滴含ませたり、浴槽の中に落とし入浴したり、さまざまな楽しみ方ができます。


人は痛みに襲われると、からだが緊張状態になります。意識しても簡単に改善できるものではなく、日常は忙しく改善するまでからだを休めていられないため、ついつい鎮痛剤などで対処せざるをえません。



アロマは嗅覚などを刺激してからだにリラックス効果などをもたらすものです。生理痛の痛みを緩和する作用があるといわれているさまざまなアロマがあります。


ローズオットー・ラベンダー・イランイラン・ゼラニウム・ジュニパーなど鎮静作用により、リラックスし緊張をやわらげる効果があるものや、クラリセージは女性ホルモンと似た成分が含まれていて、生理不順や、頭痛の緩和などの効果もあるようです。


生理痛緩和のアロマは、月経を促進する作用を持つものあるので、妊娠初期の方など注意が必要なこともあります。その場合は、専門家のアドバイスに従ってください。

⇒ 生理痛を解消するツボはココ!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。