生理痛がひどくて眠れないけどどうすれば良い?

月経のホルモンの変化は、体温の変化ももたらします。


排卵前の卵胞ホルモン(エストロゲン)が優位に分泌されている時は体温が低く、排卵のときに一時低くなり、その後は黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌され、体温は高い状態が、次の月経前まで続きます。


生理中は、痛み物質のプロスタグランジンが分泌され、からだにさまざまな不快症状をもたらします。


脳の視床下部でコントロールされる自立神経にも影響が出て、日中すごく眠くなってしまったり、夜寝ようとしても、なかなか寝付けなかったりします。


本来睡眠につく時には、起きている時の体温より低くなっていくことにより、スムーズに睡眠状態に入っていけるものですが、生理中の痛みや、ホルモンバランスの乱れ、体温の変化などにより、正常な睡眠作用ができにくくなってしまいます。


日中の軽い運動やストレッチで血流改善をし、からだが冷房などで冷えすぎないようにすることや、バランスのとれた食生活に心がけるように、日頃から新陳代謝を上げておくことが必要です。


疲労やストレスは、自立神経のバランスを崩す要因になりますので、入浴や睡眠のときにアロマなどを利用したり、温かい飲み物などで、自分なりのリラックス方法を見つけることが大切です。


生理痛を改善するツボに関しても書いているのでそちらの記事を参考にしてみて下さい。

⇒ 生理痛を解消するツボはココ!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。