生理痛と便秘がひどい時の改善方法は?

月経に関係しているホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。


排卵後は、黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌されます。このホルモンは子宮が収縮しないようにする働きもあります。


女性ホルモンは月経周期をコントロールするだけでなく、脳の視床下部から下垂体に指令が出され、卵巣からホルモンが分泌され、またその状態が脳に多い少ないなど情報が戻ってきます。


ですから、生理中もからだ全体を支配する、ホルモンが子宮だけに影響を及ぼすわけではなく、便秘などをはじめからだ全体にさまざまな不快症状を起こします。


特に腸と子宮は隣接しているため、生理により血流が滞ったり、基礎代謝が落ちたりすると、腸の動きも悪くなり、便秘になる原因のひとつになります。


強い生理痛は、子宮内膜症や卵巣のう腫などさまざまな病気になっている可能性もあり、子宮筋腫などあると、腸を圧迫して便秘を引き起こすこともあるので、自己判断をせず、医療機関の受診が必要です。


便秘は病気が原因でない場合、ストレス、ダイエット、運動不足、食生活(水分、食物繊維不足)などさまざまな要因で、腸の働きが弱くなってしまうことによります。


生理痛も便秘も、日々の新陳代謝を上げておくことで、ホルモンバランスを正常に保つことにつながります。日常の生活習慣を見直し、改善することが大切です。


生理痛を改善するツボに関しても書いているのでそちらの記事を参考にしてみては。

⇒ 生理痛を解消するツボはココ!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。