生理痛の薬はどれくらいで効く?

女性にとってとても辛い生理痛。


すぐに痛みを和らげたくて薬を飲んでいる人は多いと思いますが生理痛の薬は一体どれぐらいで効き始めるのでしょうか。


生理痛には個人差があって薬の効きも様々ですが市販で売られている生理痛の薬は服用してから大体30分から1時間程度に効き始めると言われています。


これは生理痛の薬に限らず鎮静剤はほぼ同じ効き始めと考えられています。


30分から一時間程度で生理痛が治まらない場合は薬があっていないなど他の原因が考えられると思います。


以前は効いていた市販薬が経っても時間がたっても生理痛が治まらなくなったという場合があったとしたらそれは今回は薬の効果がみられないということになります。


その場合は別の原因を探るか他の生理痛の薬に変更してみることも必要です。他の生理痛の薬を服用したら効き始めたという話を良く効きます。


そもそも生理痛に薬を飲む場合は痛くなりそうな段階で飲むのが一番良いとされていて食後を目安に一日3回程度飲むことが必要だと言われています。


もしも急な生理痛に悩んでいるのなら痛くなりそうな場合に前もって薬を服用しても良いですね。


薬は癖になると良く効きますが生理痛は何日も続く訳ではないので痛みに耐えるより快適に過ごせるほうを選ぶことも必要ですね。


生理痛は個人差があって痛みの辛さが誰にでもわかってもらえない分自分で前もって対策をしたいですね。


それでも「やっぱり薬はできるだけ飲まないで生理痛を和らげたい!」というのであれば生理痛を解消するツボを知っておくと良いかもしれません。


生理痛を改善するツボに関しても書いているのでそちらの記事を参考にしてみて下さい。

⇒ 生理痛を解消するツボはココ!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。