生理痛の薬を飲むデメリットってあるの?

女性にとって辛くてキツイ生理痛。


あなたは生理痛の時どうしていますか?


急な痛みに備えて薬を常備している人もいますしあまりの痛みに予定をあきらめ体を休めるという人もいますね。


中には痛みにひたすら耐えるなんて忍耐力の強い人もいます。私は無理ですが(笑)


即効性があり急な痛みに対応できるそう思って薬を服用している人が多いですが生理痛の度に薬を飲むことを不安に感じている人も多いですね。


生理痛の薬を飲むデメリットはないの?
こんなに薬を飲んで大丈夫なの?


そういった生理痛の薬を飲んだ場合のデメリットについてお答えします。


眠気がくる

生理痛の薬を飲んだ場合のデメリットで眠気がくることが一番のデメリットではないでしょうか。多くの女性が生理痛の薬を飲んだ後の眠気と戦っています。

最近では眠気がこない成分が入った薬もありますが生理痛の薬と言えばやはり眠気がくるという認識があるぐらいです。


胃がムカムカする

生理痛の薬に限らず薬の服用で胃が荒れてしまう人がいます。個人差やその時の体調にもよりますが胃がムカムカするという症状を訴える人が多いですね。

この場合空腹時に薬を飲まないようにすることで胃の炎症を防ぐことができます。


これらのように生理痛の薬にはデメリットがあると認識されていますが体調はその時の状況によってデメリットと感じる場合があります。


生理痛は個人差があって大変辛いものなので無理して我慢をするよりは用法や用量を守って上手に服用できれば痛みに耐える必要もないしデメリットも軽減できると思います。


それでもやはり薬にだけはどうしても頼りたくないという方は生理痛を緩和するツボなどを覚えておくと良いかもしれません。


生理痛を改善するツボに関しても書いているのでそちらの記事を参考にしてみて下さい。

⇒ 生理痛を解消するツボはココ!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。